チャットレディお給料ランキング!

「女性らしさ」で稼ぐ

男性は「女性らしさ」に寄ってくる

初心に返るつもりで「女性らしさ」について意識してみてください。具体的にどうやって「女性らしさ」を出すかを説明していきます。まずは服装からです。

男性が着ない服を着ること

「女性らしい服装」とは、裏を返せば「男性が絶対に着ない服装をすること」です。例えばパーカーとかトレーナーとかは男性でも着ますよね。だから避けた方がよい。ドレスとかミニスカートとかワンピースとかキャミソールとかです。

ノンアダルトだと待機中に下半身が映ることはまずないので、下については別にジャージとかでもいいのですが、出来ればスカート的なものをきちんとはいておく方がチャットにつながったときに有利になりますし、私の推奨としては、待機中はひざ小僧を見せたほうがいいです。それだけで、スカートはいてる感がグッと増して、男性に下半身の服装を想像させることが出来ます。「ひざ小僧が見えてる=スカートをはいて三角座りをしている=カメラを下向けたらいきなりパンツ見えるかも・・」という感じですね。待機がグッと減ります。

女性らしい仕草を

女性らしい仕草は「笑顔」です。なによりすべての基本は笑顔ですから。どんなに他を頑張ってもつまらなそうな表情ではお客さんを逃してしまいます。笑顔でお客さんをお迎えしましょう。

「指先」も女性らしいです。つまりは待機画面上にちゃんと自分の手を見せているかどうかですね。手も女性らしさをアピールできちゃうので、出したほうがよいです。

「髪を触る仕草」も女性らしいです。男性の中には「女性を髪を触ったらそれは声をかけて欲しいサイン」と勘違いしている人が多いんですが、これは「女性が髪を触ると、魅力的だからついつい声をかけたくなる。」ということです。それくらい女性が髪を触る仕草は男性にとって魅力的な仕草なのです。

髪は絶対ロングで

髪をロングからショートにしたチャットレディさんと話をしたことがあるのですが、口をそろえて「ショートにしてからチャットにつながりにくくなった」と言います。やはり長い髪というのが女性らしさのアピールになっているのだなと痛感しました。顔出しありでもなしでも髪は待機画面に映りますから重要です。明確な理由はありませんが、髪は出来るだけのばして、ショートにしないでください。